ヴァニタスの画像集 ~死、空虚、寓意~

静物画でありながらも宗教的なメッセージ、独特の雰囲気。ヴァニタス画の作品を大きめサイズで並べてみます。

ヴァニタス

ヴァニタス(vanitas)とは静物画のジャンル。16世紀から17世紀のバラック期にフランドルやネーデルラントなどヨーロッパ北部で特に多く描かれました。

「ヴァニタス」とはラテン語で「空虚」「むなしさ」を意味する言葉。死を避けられない人生のむなしさ、地上での快楽や栄光・財産も死んだ後には消えてしまう空虚なものであるというメッセージが含まれています。

描かれている物にもメッセージや意味があり

頭蓋骨:死

時計:確実に近づいてくる人生の終わり

ろうそく、煙、シャボン玉:はかないもの、消えゆくもの

宝飾品:財産

コイン、バック:金銭的なつながり

本:地上での知識(も、死後には役立たない)

楽器:瞬間的な快楽、女

武器、防具:武装しても死からは逃れられない

地球儀:地上世界

花、果実:生命

倒れている物、落ちている物:死、終わり

などなどを意味します。静物画と宗教画の中間的なジャンルと言えるでしょう。

まぁ、そういった人生観や宗教的な部分を無視しても、なかなかにかっこいい絵画ですよね(笑)

なんといっても頭蓋骨が目立つ絵が多く、他のジャンルとは大きく違った存在感が。インパクトありますよ。

またテーブルの上に様々な物が置かれ、何とも謎めいた不思議な空間ができあがっています。絵画にリアルな状況設定を考えても意味がないけれど、これらの物品はどんな人の持ち物なのか? 考えてみると想像力が刺激されますね。

ヴァニタスに関連する商品をAmazon.co.jpで見てみる