土屋光逸の作品集 ~深みのある色彩~

自然の中の青・緑! 平面的でありながらも奥行きがある!

土屋光逸の作品を並べてみます。順不同

土屋光逸

土屋 光逸(つちや こういつ 1870年9月23日 – 1949年11月13日)は、明治時代から昭和時代にかけての浮世絵師・版画家。

風景画を得意としました。う~ん、確かに空・水の青、そして植物の緑はすごく良いですねぇ。また空間に奥行きがあって引き込まれる。西洋画と日本の版画のいいとこ取りみたいな雰囲気。すっきりと見やすいながらも立体感。

2018年現在の日本では有名じゃない気がしますがもったない。まぁ、この人だけでなく「新版画」というジャンルがいまいち知名度低いんですが。

土屋光逸に関連する商品をAmazon.co.jpで見てみる

 

同じく新版画の名手

吉田博の作品集 ~新版画の極地~
驚異の色合い、雄大な光景……風景画の達人「吉田博」の作品を並べてみる。年代順です~。 吉田博 吉田 博(よしだ ひろし、1876年(明治9年)9月19日 - 1950年(昭和25年)4月5日)は、日本の洋画家であり版画家。明治・...