エミール・ムニエルの作品集 ~少女と動物~

アカデミズムの画家、エミール・ムニエルの作品を大きめサイズで並べてみる。順不同です。

エミール・ムニエル

エミール・ムニエール(Emile Munier 1840年6月2日〜1895年6月29日)は、アカデミズム期のフランスの画家。

あのウィリアム・アドルフ・ブグロー弟子だったそうで、言われてみれば近い雰囲気がありますね。

ただし、ブグローは少女を多く描いたのに対し、エミール・ムニエルさんのは幼女って感じ? さらに年下の女のことが多いような……

そして、ブグローよりもリアル志向? 日本人的には、ちょっと顔が濃いというか深いというか。

あと、動物が多く登場しているのも特徴でしょう。さすがアカデミズムの画家、リアルでかわいい。特に猫が好きだったんですかね~、猫いいですよね猫。

エミール・ムニエルに関連する商品をAmazon.co.jpで見てみる

師匠であるブグローも美少女を得意としました

アカデミズムの重鎮にして、最高レベルの画力! だけど、なんというか、少し変態っぽいというか…… ウィリアム・アドルフ・ブグローの作品を...

こちらもおすすめ

絵に描かれた永遠の美少女たちを並べてみます。やっぱ、こういう人物描写は東洋よりも西洋の方がリアルでいいんじゃないかと。 アルベール・ブグロ...
私の好きな芸術家のみなさまを紹介します。基準が独断と偏見なのはご了承ください。 西洋 レオナルド・ダ・ヴィンチ(1452年4月15日 -...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする