結葉天樹:異世界ファンタジー

①公開できる範囲でプロフィールを教えてください!

単独での書籍化はまだですが、昨年の「富士見L文庫×カクヨム 美味しい話&恋の話 短編小説コンテスト」の「恋の話部門」において『初めてのラブレター』が受賞。
2017年12月15発売 短編アンソロジー『恋テロ 真夜中に読みたい20人のトキメク物語』(富士見L文庫)に収録させていただきました。

昔は自分のWEBサイトで連載していましたが、当時は途中で書けなくなることの常連でした。
投稿小説サイトが増えて来た2016年頃に本格的に創作に復帰。ちょうどカクヨムがオープンのタイミングだったこともあって参加して今に至ります。
たくさんの人に作品を読んでもらい、評価を得ることがどれだけ大変かを思い知りながら日々成長のために頑張っています。

書籍化できたのは本当に偶然としか言いようがありません。
他の方の作品を読んで思いついたネタを一気に書き綴った所、それが一気に火がついて一週間近くランキング一位に。誰かの作品を読むことが自分のためになるという好例です。
『初めてのラブレター』は創作に復帰してからは初めての恋愛ものでしたが、自分の新たな可能性に気付かせてくれた大切な作品です

カクヨムコンでは2,3と最終選考まで残っています。次こそは!
まずは皆さんとちゃんと肩を並べられるよう、作品を完結させていって更なる作品作りに精を出します。

②最も多く書いているジャンルは?

異世界ファンタジーです。
90年代~00年代のアニメ、ラノベの影響が強いので剣と魔法のファンタジーは大好きです。
最近は恋愛の方が好評なので、恋愛要素も盛り込み始めていますね
今はいろんなジャンルに挑戦して腕を挙げようとしている所です。

③使っている投稿サイトのマイページ、または個人サイトのURLをどうぞ

・カクヨム

結葉 天樹(@fujimiyaitsuki) - カクヨム

・小説家になろう

結葉 天樹

④「これが自分の代表作」と思う作品と、その面白さについて語ってください!

『魔王の娘に花束を~双輪の剣に託した未来~』

カクヨム

魔王の娘に花束を~双輪の剣に託した未来~(結葉 天樹) - カクヨム
花畑を見たい――そんな小さな願いが、世界を変えた

小説家になろう

魔王の娘に花束を~双輪の剣に託した未来~
人間と魔族の争いが決戦を迎えようとしていた。 魔族の長「魔// 無料オンライン小説です

第2回カクヨムコン最終選考進出作品。
創作に本格的に復帰してから書き始め、コンテストで最終選考に残ったことで自分に自信をつけてくれた思い入れのある長編作品です

魔王軍との最終決戦の最中、出会った魔王の娘マリーと人間の剣士トウカ、そしてその姉オウカの三人が繰り広げる物語。
いわゆる「剣と魔法のファンタジー」ですが、ただの英雄譚ではなく、壁にぶつかったり、悩んだり、皆の力でそれを乗り越えたりと、人間ドラマが盛りだくさん。
人間のいがみ合いを魔族のマリーが繋ぎ、人と人とが手を取り合って行くきっかけとなって行きます。
親子愛、姉妹愛、友情などお互いを思い合う「絆」を強く意識した異世界ファンタジーです。
優しい雰囲気を味わいながらも熱いバトルが待っています。是非いらしてください。
女性の方々からも好評をいただいているので女性向き……なのかな
自分の趣味を存分につぎ込んだ作品です。

『初めてのラブレター』

初めてのラブレター(結葉 天樹) - カクヨム
思いよ、とどけ

もちろん書籍収録作品は入れておかないといけませんね。
自称、人気恋愛小説家の初音のところにやって来た後輩の光太郎。
その文才を頼りにお願いされたのは「ラブレターの書き方」
果たして、光太郎は理想のラブレターを書けるのか。

超ド級のストレートで飛んでくる王道ラブストーリー。
読んだ方々にキュン死者続出です。

『昔話をリメイクしてみた』

昔話をリメイクしてみた(結葉 天樹) - カクヨム
原作者に全霊の敬意を。そして全力の謝罪を(汗)

別ジャンルを書いてみたところ、アクセル全開ブレーキ全壊で暴走しました。
現代版に魔改造した世界昔話集。
単純に勢いで笑いたい。そんな方にお勧めです。

こんな感じで幅広いジャンルを書いています。
お陰で「あの人がこんな作品も?」と驚かれることもあります。

⑤創作について、こだわっていることは何ですか?

これまで自分が得た知識や経験、書いた作品たちを無駄にしないことですね。
絶対にどこかでそれが生きる時が来ます。私が描いた作品たちの中にはそんな力が総結集して生まれたものもあります。

あとは特定のキーワードを自分なりにしっかりと解釈して活用することです。
テンプレなイメージも大事ですが、それだけじゃ満足できないので

⑥想定読者は? 自分の作品をどんな人に読んで欲しいですか?

作品によってバラバラですね。
異世界ファンタジーだと、強さも弱さも全部受け入れて自分を大好きになりたい人。
だから爽快感よりは、物語にもっとドラマを求める人が向いているかもしれませんね。
人間の闇の部分も出て来るので、総じて年齢層は高めだと思います

コメディはとにかく細かいことは置いて笑いたい人。
恋愛は悶絶したい人とかですね。

⑦web小説作家として自分の強みは何だと思いますか?

ちょっと異色かもしれませんが、王道ストーリーの中でも独特の構成で作り上げたり、キャラの心情や信条をしっかりと描けることですね。
「女性の心理がよくわかっている」なんて言われたこともあります
深くキャラクターの事を理解して、それらを一人の人間としてしっかり描いているということだと思っています。
お陰で私の性別が時々わからなくなる人が出ているようですが、それはまた別のお話。

⑧ネタ集め、プロット作成などはどんな感じでやっていますか?

日々全てがネタの宝庫だと思っています。
特に良いのは他の方が書いた作品に触れることです。
自分にない引き出しがたくさんあるので、自分の知識を刺激して新しい物語を浮かび上がらせてくれます。

プロットは思い浮かんだイメージから大まかなテーマや展開をざっと決めて、それにまつわる情報を探して、必要なキャラクターを配置して行きます。
後はイメージソングを決めて何度も展開を練って行く内にアイデアが固まっていきます。
作っている間に全く別の物語に帰結することもありますが、それはそれ。そもそもプロット通りに進むことも少ないので「どんな発展の仕方をするのかな」くらいの気持ちで構えていた方がワクワクします。

⑨小説を書く中で1番苦労するのはどんな部分で、どんな風に乗り越えていますか?

冒頭部分です。WEB小説だと序盤に読者に興味を持ってもらえないと後が続かないので引き込める冒頭を考えるのが毎回悩んでいます。
この辺りは作品を作るたびに少しずつ力がついているような気はするので、とにかく数を作ってみることも大事なのではないかと思います。

⑩影響を受けた作品を紹介してください

『灼眼のシャナ』
悩みながらも、信念を貫いて戦う女の子がカッコいいと強く感じました。
初めて抱く感情に戸惑ったり、年相応の姿も見せ、最初は戦力になれなかった主人公と共に成長していく姿は目が離せませんでした。
二十巻以上あるのに最後まで追い続けた初めてのラノベ作品です。

『ハーメルンのバイオリン弾き』『南国少年パプワくん』
日常はバカをやりながらも、重要な部分で心を震わせるシリアスさと大事なテーマを訴えてくれて、コメディとシリアスが共存できることを教えてくれました。

『斬魔大聖デモンベイン』
デウスエクスマキナを取り入れつつも、熱い展開。
強い絆で結ばれたパートナーの存在。
独特の魔法理論や何かをモチーフにした作品作り(本編ではクトゥルフ)など、学ぶことはとても多かったです。

⑪最後に一言どうぞ!

たくさんの人の心を震わせることのできる作品を作り上げたいと思っています。
まだまだ、これからも成長して行きますよ!
代表作をたくさん作るぞー!

ここまでお付き合い、ありがとうございました!

 

~~~

 

回答記事の目次に移動

グループA

グループB

グループC

 

企画に参加したいと思っていただける方は、こちらの回答入力フォームからどうぞ