【随時追加中】小説家になろう、おすすめ作品100以上をジャンル別で!

大量に読んできた作品の中から厳選してお届け! 役立つ記事になってる自信はあります。新しい良作と出会えるでしょう。

なお、異世界転移系は別枠で↓の記事で紹介しています!

おすすめの異世界転移・転生ファンタジー作品! ~小説家になろう&カクヨム~
大人気ジャンル! 同じパターンに見えて、実際の内容は多種多様! この記事では転移・転生要素がある作品のみをピックアップ。また、世界観とストーリーの内容を点数で表現してみました。5に近いほどテンプレな感じ。 テンプレじゃない 1~...

タイトルをクリックで本編に移動できます。また、連載中の作品の文字数については変動するのであまり信用できません。

=世界観が良い!

=特に管理人のお気に入り

小説家になろう10選!

「100作以上なんて、多すぎて逆に選びにくいな!」って人もいますよね。まずはジャンルにこだわらず超オススメ作品を並べてみました。この10個が面白いと感じなら、私「イマ猫」と趣味が合うってことです! 

完結

北欧貴族と猛禽妻の雪国狩り暮らし

527,618文字

陽気な名ばかり貴族と元軍人の年上妻の雪国暮らし。始めはギクシャクだけどラブラブ。

一応、異世界らしいけど魔法は出てこず、かな~り現実的で堅実な生活が展開されます。トナカイは宝物。銃が出てくるので時代的には近代? 丁寧に描かれる村の暮らしは強いリアリティが感じられますね。

個人的には文章中に時々出てくる「!」「!?」が地味に癖になる(笑) 読んでもらえば分かりますけど、その時のキャラの表情を想像するとニヤニヤしてしまう。

この作者さまは他にも異世界×グルメものを書いていらっしゃるので気に入ったらそちらもどうぞ。

Amazonで書籍版の情報を見てみる

 

恋をしたら死ぬとか、つらたんです

370,900文字

自称『普通の女の子』であるクレイジーサイコビッチ・藤井ヒナが、VR乙女ゲーの試遊モニターをする話。

ただし、恋すると死ぬ。死んで初めからやり直し。そしてクリアするまでログアウト不可。超恋愛体質なヒナさんが恋しまくって死にまくるギャグストーリー。

ぶっ飛んだ設定と、ヒナさんの濃いキャラが癖になる。

書籍版の情報をAmazon.co.jpで見てみる

 

死神を食べた少女

335,278文字

戦乱で人々が苦しんでいた時代。お腹が減って死にかけていた少女の前に、大鎌を持った何かが現れる。その結果は……!?

強くて腹ペコな主人公「シュラ」が、国同士の戦争の中で深い考えもなしに大活躍していく物語。出世すれば美味しいものがたくさん食べられる!

不利な状況になっていく血みどろの戦争と、楽しそうなシュラさま御一行が面白い。中編なので読みやすい分量。

書籍版の情報をAmazon.co.jpで見てみる

 

あなたの未来を許さない

261,905文字

根暗な女子高生「御堂小夜子」。彼女はある晩、27世紀の未来人から大学授業の教材として【対戦者】に選ばれる。殺し合いのために特殊な力が与えられるはずであったが、なぜか能力無しになってしまい……

無能力の人間が、知恵と工夫で能力者たちを倒していく描写が見事。全体の筋としても展開が上手く迫力がある。引き分けという選択肢があるのがリアリティを増して良い感じ。

主人公の小夜子が重度の変態レズであり、また1度だけだが性的暴行シーンが出てくるのがやや読む人を選ぶかも。

また、イラストレーターと組んだ挿絵があるのも特徴。白黒でシンプルながらキャラの外見・雰囲気がよく分かってナイスな出来栄え。イラストは今後も追加予定とのことで、さらに完成度が上がっていくのはすごい……

 

霧の塔、白銀の杭

109,762文字

空から落ちてきた少女は吸血鬼だった!? そして、それを見つけた少年は機械の体! 吸血鬼×スチームパンク。

ひねりの効いた世界観がとても良い雰囲気を作っている。化け物は金属を嫌う、という設定はすごい好き。ストーリーも王道的なボーイ・ミーツ・ガールだとは言えるが、ダラダラした無駄な部分がなく戦闘シーンは熱い。

総合的な完成度がすばらしく高い良作。

 

園丁の王

109,344文字

根暗な造園家と物怖じしない元傭兵の弟子の物語。天才造園家の過去とは? 中世~近世ファンタジーだけど、魔法的なものより人間関係がメイン。登場キャラは少ないんだけど、その分だけ主要キャラにとても厚みがあります。

空気感がものすごく好み。戦いも冒険も恋愛もない。良いことだけじゃなく辛いことも起きる。派手で分かりやすいストーリーがあるわけじゃないけど、なんというか「人生」が感じられる作品。

 

サムヒア・ノーヒア

94,681文字

天より並外れた絵を描く才能を与えられた「上木田零子」。しかし、その代償としてなのか少女は苦しみと孤独に押しつぶされていた。幼馴染の「沖澄栄一郎」は、そんな彼女のそばに居続けるのだが……絵は描いた人間を救うのか?

絵を題材に、生きにくさ・人生論を書く。何かしらの苦しみを抱えながら創作活動をしている人には刺さる内容じゃないかと。少なくとも私の場合は共感と反発で精神がやばい(笑)

非常に文章力があり、それぞれの作品や描いている時の心理状態などが見事に表現されている。物語の中に捕まえられてしまいますね。完全に商業クラスの文章です。

書籍版の情報をAmazon.co.jpで見てみる

 

異世界食堂

680,485文字

洋食のねこや、そこは土曜日だけ異世界につながり不思議な客がやってくる。

ファンタジー世界の住人が現代日本の料理のうまさに驚く物語。基本的に1話完結、客がやってきて料理を食べて帰る。それだけの内容だけど1人1人に事情とこだわりがあって面白い。

そして何より、本当に料理の描写がおいしいそうで読んでるとお腹が減ってきます。夜中に読むとつらい(笑) ファンタジーグルメというジャンルを有名にした異色作。

書籍版の情報をAmazon.co.jpで見てみる

 

空飛ぶ魔女の航空会社〈Flying Witch Aviation Company〉

140,157文字

かつて『冬枯れの魔女』として畏れられた少女と、ベテラン操縦士。2人は飛行機に乗って各地を巡り色々な人々に出会う。少女の過去とは? 世界はどうなるのか?

第二次世界大戦時のヨーロッパ的な国々を舞台に展開される近代ファンタジー。始まってしまった大規模な戦争と、そんな状況でも続く人々の生活。空気感がものすごく良い。映画を見ているように頭の中にイメージが広がります。

ヒロインが2つの言語を使い分けることで、クールな部分と心優しい性格の2面性をものすごく上手く表現しているのも好み。こんな方法があったとはねぇ、すばらしいアイディアですわ。

全体的な質がとても高く、「小説家になろう」の中でもここまでドキドキワクワクさせてくれる作品は珍しい。名作。

 

本日ハ所ニョリ磁気嵐、重油雨ノチ音波風

99,632文字

上空を金属を含んだ分厚い雲に覆われ、自然は消え去り、地表には旧文明の遺産だけが残る世界。巨大なレールの上を絶えず前進する一辺20キロメートルの立方体《格子建造物》の上に、その都市は存在した。

主人公「イサカ」の職業は、都市に一人しかいない《軌象予報士(テレキャスタ)》。重油の雨に、鉄板を貫く霰。異常な天気は都市の滅びに直結する!

崩壊した古代文明&巨大建築物&サイバーパンク&ロボット&気象予報士。個性的な舞台設定がたまらないSF! ほんと読み始めると圧倒的な世界観に頭をゆさぶられます。1話目からグイグイ引き込まれる。こういう作品が思い付ける人がうらやましい。

バトルもの

完結

辺境の老騎士

1,116,233文字

年を取った1人の騎士が引退して気ままな旅に出る。しかし、それが世界を救う冒険の始まりに!

老人だからこその経験、自由さ、覚悟。熱く若い主人公が多い中で個性が光る。騎士達の誇り、男の生きざま、世界の謎。独自の亜人など舞台設定にもオリジナリティがあって空気感がいい。

 

明治蒸気幻想パンク・ノスタルヂア

816,811文字

流されてきた犯罪者によって作られた四つ葉島。そこで暮らす人々と、大いなる陰謀の物語。

題名に反してスチームパンクの雰囲気は無し。機械と言うより超能力バトルファンタジー。四つ葉島の構造とか、世界観も中々いいですけどね。

ヒロインの橘八千草さんがメッチャかわいい。個人的にはなろうN0.1かも。すげー好みのキャラ造形(笑) 他の登場人物もキャラ立ってます。

明治を意識した文体は、やや読みにくいけど面白い。あと2つ名・技名がセンスとユーモアある厨二病で良い感じ。

 

ノームの終わりなき洞穴

754,523文字

世界屈指の巨大洞窟、ノームズ・エンドレス・ダンジョン。実情はたった一人の錬金術士と意地汚い精霊によって、やむにやまれぬ理由から作られていた……

いわゆるダンジョン運営ものの変形。前半は洞窟を掘り進めてのお金稼ぎ、終盤はそれを使っての過酷な旅。ヒロイン(?)のビーチェがかわいい。

旅パートに入ってから結末までは賛否両論ありますが、個人的には好きですね。容赦なくキャラが死にまくり。終わり方も苦いけれど、それがいい。

 

狩人と奴隷少女の日本”ゾンビ”列島紀行

614,185文字

動物に寄生してゾンビに変える菌類の繁殖と、それによる社会の混乱によって衰退してしまった日本。狩人の男と喋れない奴隷の少女の戦いと生活。

中々に本格的な文明崩壊&ディストピアもの。小説家になろうにしては、かなりエロ描写がきついので注意。

ストーリーもかなりハードで登場人物は容赦なく死にます。かなり「いや~な感じ」の状況が多いんだけど、この作品はその「いや~な感じ」の描写が上手いですね。ねっとりとした不快感と危機感がビンビンに伝わってきます。

 

ティタン アッズワースの戦士隊

556,567文字

かつて北部の風の中、攻め寄せる闇の軍勢の前に立ち塞がった男がいた。戦士の中の戦士と評された大英雄「ティタン」。闇の勢力が再び強まる時、彼もまた300年の時を超えて蘇る!

戦士たちが求めるのは強敵、そして勝利の栄光と名誉。泥臭く血みどろの熱い戦い。世界観もストーリーもずっしりと重い良質ファンタジー戦記。

 

猟犬クリフ~とある冒険者の生涯

416,009文字

幼いころに両親を亡くした少年は成長し、凄腕の賞金稼ぎ「猟犬クリフ」として様々な事件や賞金首と対峙することになる。1人の男の活躍と一生。作者さま曰く、「ファンタジー風味の時代劇&西部劇」。確かに1章はそんな感じ。

山あり谷ありの展開で、何度か割と強烈な鬱展開もあります。かなりの悲劇なので読む人は選ぶでしょう。だけどそれがいい。人生は良いことばっかりじゃない、作者さまの感性に共感しちゃいますね~。普通なら1章の終わりで、めでたしめでたし、なのでは?

主人公の最期まで書ききっているのも好み。やはり幸せな一生だったのかは、死ぬ瞬間に満足できるかどうかで決まるんじゃないかと思いますね。孤独な賞金稼ぎから、慕われる英雄に変わったのを見ると胸を打たれる……

 

略 妹様へ

299,078文字

優秀すぎる妹が生まれたせいで、両親からも見捨てられ妹のための踏み台にされた男の復讐譚。達人たちがそろう大会はどんな結末を迎えるのか?

ぶっちゃけ、小説としての質はそこまで高くないと思います。誤字脱字も目立つし。それでも印象に残ってる作品。「無双」ザインザイツさんがお気に入り。

 

剣脚商売 ~現代美脚ストッキング剣豪譚~

186,637文字

女性の美脚にストッキングが合わさった時、それは恐るべき刃と化す! そして男の視線は釘付け! 剣脚(けんきゃく)の戦いと町長の陰謀。

脚フェチのこだわりが詰まったバカバカしくも熱い描写。小気味の良い、リズミカルな地の文。微妙に謎の説得力があってジワジワ来る設定。性格・戦い方共に個性豊かなキャラクターたち。普通なら一瞬の思いつきだけで終わるであろうネタを、立派なエンタメ作品に書き上げた作者さまはすごい人だ……

私はヘル・レッグケルズの2人が好き。すべての要素が驚異的にツボ。

 

血塗れ竜と食人姫

167,049文字(本編完結済み)

殺し合いを見世物とする囚人闘技場にて、王者として君臨する少女「血塗れ竜」。彼女を筆頭に複数の女性から好意を寄せられる青年の運命は……?

出てくるのがみんな高戦闘能力のヤンデレ。迫力の戦闘シーンと熱すぎるヤンデレたちの想い。

連載中

ラピスの心臓

934,107文字

怪物たちが住む灰色の森が広がる世界。人間は高い場所に国を作り、細い道を頼りに交流していた。しかし、やはり最大の敵は人間同士で……

孤児だった主人公「シュオウ」は師匠に鍛えられ強さを身に着ける。軍隊に入ることになった青年の立身出世ファンタジー。

いわゆる主人公最強&ハーレムでなろう系の雰囲気だけど、シュオウは真面目な青年であり嫌味が無い。世界観も面白い設定が色々とあって個性が出ている。お互いに愛情が無いと子供はできない、とかロマンチックです!

なろうのテンプレストーリーを元にしつつも上手く再構築した感じ。

書籍版の情報をAmazon.co.jpで見てみる

 

姉妹冒険者物語

734,297文字

姉の「ピエール」は、お馬鹿で単純だけど明るく優しく力持ち。妹の「アーサー」、賢くて腕も立つけど姉以外には少し嫌味を言ったり口が悪い。姉妹が各地を冒険する連作中編。

いわゆる剣と魔法の中世ファンタジーな世界観。だけど、独自の種族を出したり各地の描写が細かく掘り下げていたりと丁寧に書かれていてる。メイン2人も良いキャラしてます。

 

Elvish

631,767文字

引っ込み思案で内気な人間の少女が、近距離パワー型なエルフ2人に拾われた。人間の武器と知識は、エルフの国をどう変えていくのか? 容赦なしの殺し合い&ラブラブ百合。

「魔法は遠距離攻撃に使うより防御&自己強化の方が圧倒的に効率がいい!」という独自の世界観により、戦いは血みどろ近距離バトル。個性的かつ説得力のある良い設定だな~、と感じますね。

そして、ラブラブで平和な三角関係。3人ともラブラブラブで、いちゃいちゃしたり赤面したり。かなりの頻度で甘く濃密な百合が展開されまくり。

メイン2人のエルフが強すぎて少し読む人を選ぶのと、ストーリーの進行がちょっと遅いのは注意点でしょうか。

 

冒険者になりたいと都に出て行った娘がSランクになってた

604,357文字

駆け出し冒険者の頃に片足を失い、故郷のド田舎に引っ込んだ男「ベルグリフ」。野獣を退治したり薬草を集めたりして暮らしていると、山で捨て子を見つけてしまう。娘として育てていると才能を開花させ、1人立ちさせてみると冒険者として大活躍! しかし、各地で魔王が復活しつつあって……?

40過ぎのおじさんと、父親大好きな最強娘「アンジェリン」の2人を中心とする人間関係と戦い。世界設定は割とテンプレだが描写が丁寧。脳内で映像化しやすいというか。登場人物もキャラが立っていて、敵の魔王たちも良い存在感がある。

小説家になろう式のバトルファンタジーとして、かなり高品質に仕上がっている印象。

書籍版の情報をAmazon.co.jpで見てみる

 

もしも魔法少女5人が全員オタクだったら

414,727文字

ある日、日本へ「闇の使者」たちが攻撃を始める。それに立ち向かうために運命に導かれた5人の少女達は、しかし全員が超のつくほどのオタク集団だった……

もちろんオタクな笑えるギャグシーンもありますが、タイトルからギャグコメディかと思えばストーリーは真面目で熱い! 人は死ぬし、少女たちも命がけ。少年漫画のような、勇気・友情・勝利の王道展開が気持ちいい。

序盤はちょっと地の文が単調で気になるかもしれませんが、すぐに慣れるでしょう。なんというかアニメの台本的な? 読み進めていくと、ほんとアニメを見ている気分になれますね。

 

彩光の艦隊-異世界派遣軍戦記-

212,885文字

1905年、潮岬沖に出現した光の柱。それは異世界への入り口であった。資源豊かな島を領有した大日本帝国は、列強各国とともに開発を進めていく。しかし、異世界の3つの大国による戦争に地球各国も巻き込まれていくことに……

戦車・飛行機・戦艦がファンタジー世界で大活躍! 兵器好きとしては楽しい。また、戦場だけでなく内政と地球側の国際情勢も丁寧に書かれているのも良い。歴史のIFとしてもしっかり考察されています。

 

クロノメーター・クロニクル/勇者のいない鉄と血と硝煙のファンタジー

178,238文字

16世紀の初頭、魔物の軍が突如として出現した。彼らの強大な力によって人間領域は100年たらずでヨーロッパと、一部の地域にまで追い詰められていく。マスケット銃、前装砲、帆船、城塞等の17~18世紀頃の技術を駆使して、魔物の軍団に挑む物語。

仮想戦記×ファンタジー。船と海戦を中心に書かれているのが個性的ですごく良い! 船って、兵器武器の中でも地味めで題材になりにくいんで貴重な作品。細かく丁寧で迫力ある海戦が魅力。

戦記ものの系譜なんで、専門用語と登場人物が多いのは注意。それでも読みやすい文章で大して気にならないのでは。まったく知識が無い私でも楽しめてますし。

 

悔打ちのジョン・スミス

154,645文字

吸血鬼はびこる蒸気の都。両腕を蒸気機関の義手に換えた男「ジョン・スミス」、新しく派遣されてきた凄腕の体術家シスター「ロコ」。吸血鬼狩りスチームパンクアクション

キャラクターたちは中々に個性的、霧と金と血の街「ドルナク」の雰囲気も味があり、戦闘シーンは緊張感があり盛り上がる。すべての要素がバランス良く高水準。

 

中年社畜カードゲーマーの魔法少女狩り

131,859文字

34歳独身、趣味はトレーディングカードゲームとアイドル鑑賞。社畜としての辛い日々を送っていた「和泉慎平」。ある日、彼は不思議な美少年にカードゲームを挑まれた。その後、謎のカードを使った超能力が発現、さらにはアイドル達に殺されそうになり……!?

主人公「和泉慎平」は周りに巻き込まれているだけであり、理不尽に苦しみながらもがく姿が共感と涙を誘う。魔法少女狩り、というか狩られる側。

また、登場する美少女たちの外見描写にこだわりを感じる。服装なども丁寧に描かれイメージやすい。

ファンタジー

戦闘がメイン要素ではないファンタジーもの。地球とは違う世界の物語。

完結

夢の旅人

473,117文字

読書が趣味の少年、「ラドゥー」が出会った不思議な少女。彼女に連れてこられたのは夢の仲!? 様々な世界をめぐる少年の冒険と戦い。

主人公のラドゥー君の性格が中々に面白いし、夢の世界のみなさんも良い味してる。

 

ユニエの森の物語

235,156文字

森の教会は戦争孤児である6人の少年少女たちが住み、血はつながっていないが兄弟として生活していた。長女「リーザ」は、ある日長男「シャーロ」に家を出ていくように言われ……!?

少年少女の苦労と成長。とても現実的な生活と商売が展開されます。シャーロ君まじ有能。魔法もモンスターも出てこず、ファンタジーというより近世ヨーロッパの話を見ている気分? 派手な展開はないんだけど、すごくリアリティを感じる。なんというか文章が上手い。

後半に入ってからの不穏な情勢もいい。身の回りの生活は良い方向に進んでるのに、それとは違うスケールで動いている国際情勢が幸せを壊しにくる。終わり方も純粋なハッピーエンドとは言いづらいんだけど、その分だけ物語の続きを想像せざるをえませんね。

 

猫とワルツを

233,747文字

傭兵上がりの副長が4人のヤンデレに奪い合われる!

お互いを殺し合うのも辞さない本格的なヤンデレが魅力。生ぬるいハーレムとは一味違う! その分だけ、かなりの暴力的&精神不安定ヒロインなのでちょっと読む人は選ぶかも。

また、キャラの名前を強く打ち出す文体にも個性があって良い感じ。

 

玉編みと彫金師

169,353文字

彩玉師、それは様々なものから色と力を吸い上げ美しい玉を作る特殊な職人。相棒となるギンギツネの導きによって腕を磨いていくのだが……

主人公の少女「リト」は、半人前の彩玉師。ある日、急逝した祖母が領主との契約を残したまま他界したことを知らされる。納品できなかったら、違約金に加えてリト自身も拘束されてしまう!? 逃れる方法はただ1つ。幻の彩珠『嘆きの青』を編むこと。

読みやすい分量で上手くまとまっている。彩玉師とギンギツネを中心とした世界観がいい感じ。最後の落ちが予想してなくて感動してしまいました。分かる人には分かるんでしょうか。私は推理小説とかも読まないからなぁ。

 

アイオライトの心臓

168,319文字

忌まわしい呪いの印とともに少年「ロクド」は生まれた。村から旅立つことを強制された少年の出会いと成長。そして、世界の過去の秘密。

なかなかに本格的で良質なジュブナイル的ファンタジー。魔術に関わる1つ1つの物や動作の描写が細かく、脳内にイメージが浮かびます。無駄のない進行で長すぎず読みやすい。死人も出て重い展開だが、だからこその迫力と読後感。

 

扉繋ぎのウォルト

155,238文字

独立した空間が扉によってのみ接続されている世界「エル・ワトランディ」。記憶を失う代わりに行きたい場所に扉をつなげる異能力もつ少年「ウォルト」と、有名な魔術師「ラギ」の2人旅。

幻想的な世界と、そこで暮らす住人たちの連作短編。絵本のような風景が頭の中で広がります。しかし、話によっては重い展開も。理想郷ではなくキャラクターにとっては現実なんですね。

全体的に少し描写が薄く説明が足りてないのが気になるけど、エル・ワトランディは旅してみたくなる世界。

 

鷹の余白

140,821文字

嘘とはったりと特殊な『目』で物事を解決する魔女「クロ」と、彼女にどれだけ邪険にされてもめげない魔法使い「ユーイン」の物語。

クロさんがかわいい。ミステリアスで、おちゃめで、辛いもの好き。

 

森蝕時代のオーク鬼たち

114,104文字

意思を持ち巨大な樹海と化したマンドラゴラ「森の王」、その恵みを享受し崇め共生するオーク鬼たち、そして死の森の拡大に対抗する人間……連作短編の群像劇。

剣と魔法のファンタジー……かと思っていたら、空間・時間の両面で加速していくスケール感がすばらしい。SFとクトゥルフ神話のエッセンスを取り組みつつ、壮大な物語に仕上がっている。

 

猫と竜

16,649文字

猫達と、猫に育てられた竜の物語。なごむというか、おとぎ話的な雰囲気の作品。

短編なのでサクって読めます。小説家になろうでは長編ばかりが注目されますが、短編も探してみると意外な良作があったりしますよ。

 

ROBOT HEART絵本風シリーズ

連作短編

人間と機械の物語。「絵本」風のタイトル通り文章中に絵が入っているんだけど、これがビビるぐらいに良い。普通に商業作品として通用するレベルのクオリティです。

童話的なストーリーもしっとりとしていて味わい深い。私的には3話が好みでしょうか。

連載中

エノク第二部隊の遠征ごはん

595,292文字

遠征部隊に配属となった衛生兵のメルは、支給される保存食の不味さに悶絶。エルフの少女が森暮らしの知識と経験を生かし、遠征先で美味しい食事を食べようと奮闘する物語。

遠征部隊の話なので、保存食や現場調達の料理が多め。それでもやっぱり美味しそうで読んでると癒されます。人が楽しく何かを食べてるシーンっていいですよね!

書籍版の情報をAmazon.co.jpで見てみる

 

異世界居酒屋「のぶ」

470,843文字

古都の路地裏にある一風変わった居酒屋「のぶ」、そこは日本とつながっていた! ファンタジー世界の人々においしい料理とお酒を出す話。↑で紹介した異世界食堂と似たような方向性。

書籍版の情報をAmazon.co.jpで見てみる

地球が舞台のファンタジー

現代ファンタジー・伝奇・ホラーなど

完結

きみは小さな居候

370,725文字

久しぶりに訪れた父方の田舎、主人公「柳田真理」は座敷わらしを見つける。どうやら他の人間には見えていないらしい。ようやく出会った自分を見ることができる相手として、座敷わらしになつかれてしまい、気付いたら東京の家にまで付いてきていて!?

男子大学生と少女座敷わらしのほんわか生活。無邪気で子供っぽい、わらしちゃんがとっても愛らしい。しかし「ほとんどの人間には見つけてもらえない」「遊び相手がいない」という孤独もしっかり書かれている。悲しい部分が、幸せを倍増させていて涙腺が緩む……

 

余命六ヶ月延長してもらったから、ここからは私の時間です

254,743文字

魔法が使える者だけが通える、特殊な学園に強制入学させられた主人公「三葉」。しかしイジメなどの辛い生活、挙げ句の果てに何者かに階段から突き落とされ命を落とす。そんな彼女に天使が言う「それなら後六ヶ月だけ生きてみる?」と。

残りの時間を悔いなく生きると決めた少女の現代学園ファンタジー。主人公「三葉」の心理描写が丁寧に書かれている。勇気を出したことによる変化、増える仲間、見えてくる謎と秘密、別れの悲しみ……王道展開だが無駄なくきれいにまとまっている。

少女漫画的な雰囲気があり、どちらかと言えば女性向き? 犬のポチ太郎がかわいい。

書籍版の情報をAmazon.co.jpで見てみる

 

おひとりさまでした。 ~アラサー男は、悪魔娘と飯を食う~

220,295文字

「速見誠一郎」29歳。独身、恋人なし。趣味は食べ歩き。そんな彼はある日突然、偶然にも魔界の悪魔を召喚してしまう。アラサー男が悪魔娘と飯を食う、たったそれだけのお話。

サラリーマンが美味そうな店を見つけて、飛び出してきた悪魔と一緒に食べる。あの有名作のタイトルを借りるなら「孤独じゃないグルメ」と言った雰囲気。ご飯を一緒に食べてくれるだけの美少女、確かに男の理想かもしれません……

作者さまの実食を元に書いているのでしょう、味・食感などが非常に細かくリアリティがある。読んでるとものすごく腹が減ります。

書籍版の情報をAmazon.co.jpで見てみる

 

山内くんの呪禁の夏。

195,053文字

幼いころから何度も災いに襲われる「山内くん」。田舎に帰った時に、口から火が出ている不思議な女の子「紺」に出会って? さらに、街では神隠しが起きていた!? 狐と禁呪、恋とおまじないの青春。和風ホラーファンタジー。

筆力があり、さまざまな怪異がたっぷりと登場。特別なホラースポットに出かけていくのではなく、身の周りの空間の中に存在している感じで中々に雰囲気あります。ホラー以外の要素もしっかりしていてヒロインの紺は魅力的だし、伏線と回収も上手い。

書籍版の情報をAmazon.co.jpで見てみる

 

[現代妖草紙]鵜野森町奇譚

107,404文字

ある台風の日、高校生「朝霧夢路」が保護した傷付いた黒猫は、「サクラ」と名乗る猫又だった!

やがてそれはミステリアスなクラスメート「日野咲」と深く関わるきっかけにもなる。どうやら、彼女には辛い過去があり心に闇を抱えているようで……?

伝奇ジュブナイル。猫のサクラが可愛い。日野さんのキャラ、言動と心情の変化なども上手く書かれている。ストーリーは無駄なくきれいにまとまった王道展開。

 

帝都つくもがたり

100,691文字

昭和初期の東京。酒浸りで怖がりの小説家「大久保」とネタに貪欲な記者「関」の2人は怪談を集めるため、あちこちを奔走する。真夜中の恐怖ではない、夕暮れ時の怪奇連作短編。

レトロを意識した文体がとても軽妙で完成度が高い。恐さは控えめで、苦手な人でも読めるでしょう。メイン2人は癖が強いものの人間味があり、なんとも親近感がわく。

 

小説投稿サイトでランキング一位を取らないと出られない部屋

67,944文字

何もない部屋に閉じ込められた男の、地獄の投稿生活。条件をクリアしないと無限にループ。1位を取るために男が考え付いた方法とは? それは成功するのか?

中編小説にして、小説家になろう攻略講座。単純に物語として面白いし、高評価を取るためのテクニックも分かりやすく書かれています。

作者は「無職転生 - 異世界行ったら本気だす -」と同じ人であり、実際にランキング1位を取ったからこそ書ける小説。面白いし参考になる、さすがのセンス。作品を投稿している人、もしくは投稿しようと思ってる人は必読ですよ!

 

きつねよめ

47,360文字

乞食山伏として流れながら、過去を引きずる暮らしをしていた若い男「新右衛門」。彼は、しゃべる狐の仔を捕まえて日銭を稼ごうとたくらんでいた。しかし、狐たちを悲劇が襲い唯一残った子狐は人に化けるようになってしまい……室町時代の社会を背景とした異種婚姻譚。

文章が完全に時代小説のそれであり、良い意味で小説家になろうのクオリティじゃない本格中編。

連載中

コルシカの修復家

627,546文字

地球に埋蔵されたエネルギー源が枯渇した近未来。人類は絵画を還元すると不思議なエネルギーを得られることを発見した。生活は維持されたが、代わりに絵画から芸術的創作的な意味は無くなった……

個性的な世界観の中で、絵画修復家の少年と記憶喪失の少女が地中海のコルシカ島をめぐる物語。タイトルロゴまであって、しかもセンスがいい!

風景の描写も美しく、全体的な雰囲気がすばらしい。良い意味で「小説家になろう」っぽくない。

 

魔法使いと行く海外旅行

172,986文字

ちょっと不思議な女の子メテムと、どこにでもいる普通の青年。そんな2人が地球各地を巡る。南アジア、東ヨーロッパ、そして中南米……外国には不思議で面白いものがいっぱい!

作者さまの実体験と写真をもとに書かれる、超本格旅行記ライトノベル。またはライトノベル風の旅行エッセイとも言えるかも。

また、メテムの設定と魔法も良くファンタジー要素も蛇足にならずしっかり機能している。さらに作者さまのイラスト付きの回もあるけど、これが上手くて絵柄もやさしくて良い。

 

ようこそ異世界へ~恐竜グルメの旅~

67,612文字

長野県の松代市に、恐竜時代に繋がる謎の陥没穴が何の前触れもなく出現した! 世界は震撼しパニック状態に陥ったが、やがて人類は落ち着きを取り戻し、古代への大冒険に打って出始める。

カレー屋の一人娘、セラミックこと「瀬良美久」。彼女の夢は恐竜料理店を開業すること! 調査チームの一員として、今日も仲間たちと恐竜狩りに向かう。

恐竜を食べる、という発想が新しい! う~ん……おいしいんでしょうか。想像力が刺激されます。また、恐竜たちと古代地球の描写もダイナミックで楽しい。恐竜時代を歩く、ロマンですねぇ。

 

手のひらの一滴

21,946文字

超短編集。twitterにも投稿しているようで、つまり140字以下。それなのにしっかり味があってすごい……内容としては恋愛・ファンタジー・など。

SF

完結

星を動かす者達

361,766文字

二十二世紀後半、人類は木星系を開発していた。不足している水を確保するための計画は、小惑星を動かして氷の衛星エウロパに衝突させること!

本格的なハード系SF。軌道を計算して小惑星を数年かけて少しづつ動かして目標にぶつける、という作業は地味だけど宇宙スケールのダイナミックな展開がすごい。SFとしての様々なアイディアが詰めこまれている。

技術的な会話シーンは真面目に考えながら読むと疲れてつらいけど、まぁ私のような一般人は軽く流しても十分楽しめます。やや文章が単調で読みにくい部分もあるけど、それを上回る魅力のある一作。

 

「「神と呼ばれ、魔王と呼ばれても」」

272,810文字

遥か未来の地球。1人で島に住む少女は太古に栄え宇宙を支配していた旧人類最後の生き残りであり、その技術力で神のごとき絶対的な力を持っている。ある時、少女は気づく。「魔法」という新しい技術を使いこなす新人類が誕生しつつあることに。

壮大なスケールで始まるSFファンタジー。少女は超越者であり観察者。ひたすら見ているだけ。それに対して、新人類は少女を神と呼んだり魔王と呼んだり宗教を作ったり……

すべては勘違いであり茶番とも言えますが、それがリアリティであり作品の魅力でしょう。少女の言動はやや臭く、感情移入しやすいキャラクターではない。でも長きを生きすぎた超存在なんだから当然。ちょっと読む人は選ぶかもしれませんが、アイディアがすばらしい物語。

 

銀河縦断ふたりぼっち

222,319文字

記憶を失い人間に擬態していた宇宙種族の侵略兵器。そして、彼女と一緒に仲良く活動していた人間の少女「遥」。ある日、地球は破壊され2人は逃げ延びる。人類最後の生き残りとなった遥が目指すは、銀河中心に座する超巨大ブラックホール。その特異点を潜り、滅びの歴史を改変するために。2人のはるかなる戦いと旅が始まる。

あっさりと地球は破壊され、巨大ロボが亜光速で格闘したと思えば、もふもふの宇宙人と遭遇し、人工太陽と宇宙樹にめぐり合い、金属生命体の防御網を突破する。これぞSF!な大スケールかつ美しいシーンがたくさん。

各種の設定も非常にそれっぽく、作者さまの確かな知識とこだわりを感じて好印象。ある意味では自己同一性が崩壊しまくってるストーリー展開も実にSFですばらしい。

 

メタンダイバー

201,456文字

舞台は木星。機械の反乱により、過去の技術が大きく失われ宇宙に飛び立つことも出来なくなった時代。主人公「トマス・マツァグ」は40歳の中年男性。人型機動機械“メタンダイバー”を繰って細々と生活していた彼はある日、旧知のジャンク屋から記憶喪失の少女の世話を頼まれる。

はるかに高い宇宙にあこがれる男が、反重力装置によって任意の方向に「落ちる(ダイブする」ロボットにのって戦う! メタン「ダイバー」、このタイトルとネーミングセンスがとにかく素晴らしい。

ストーリーもしっかりまとまっていて、分量も長すぎず読みやすい。

 

死者、インゴルヌカにて

156,837文字

死体に新たな魂が宿ってしまう「ゾンビ」と、科学技術によって発明された動く屍「ワイト」。そして死者たちの暮らす街「インゴルヌカ」。世界観が異彩を放つネクロ・パンク!

ファンタジーともSFともいえる設定だけど……内容的には近未来SF。とても描写が良く作品世界に引き込まれていきます。

ストーリーは敵の存在感が薄いのが気になるけど、まぁいいんでしょう。戦いよりも「過去と死にどう向き合っていくか」的な部分の方がメインテーマだと感じました。

連載中

軌道砲兵ガンフリント

147,460文字

少し未来。外惑星にまで活動領域を広げた人類は、未知の敵性体との交戦に突入してしまっていた。熱き戦いと人間ドラマの実弾スペースオペラ。

アニメのようなビーム兵器は出てこず、硬派な雰囲気。やっぱ実弾は良いですなぁ。宇宙空間での物理学などもしっかり考慮された本格派。ロボットの描写なども丁寧。

私はepisode-2でうなりました。このレベルの人間ドラマが書かれていると、この先の展開にも期待が上がっちゃいますね。

 

宇宙ゴミ掃除をビジネスにする話

60,152文字

金融会社が目を付けた新しいビジネス、それは宇宙空間の債権!? コスト的に可能なのか? 技術的な問題は? 1つのアイディアが世界中の人々を動かしていく。

宇宙開発×金融ビジネス。SF、と言うより新しい商品が生まれるまでの誕生秘話。「この先、現実でも似たような人々が似たようなことをするんだろうなぁ」というしみじみとしたリアリティありますね。

アメリカンな雰囲気が感じられる文章もweb小説では新鮮かつ読みやすい。

恋愛もの

完結

タイガの森の狩り暮らし〜契約夫婦と東欧ごはん〜

288,131文字

絶世の美女であり、凄腕の狩人でもある「オリガ」。そして、針葉樹林の森で彼女に保護された訳あり貴族の「ミハイル」。2人は互いの利益のために契約結婚をするが、すぐに本当の愛に変わり……

自然の恵みを使った日常ご飯×ラブラブ恋愛。料理から食事のシーンはおいしそうだし、2人の仲が進展していくのはたまらない。

書籍版の情報をAmazon.co.jpで見てみる

 

39歳バツイチ子持ちだが、まわりの女に煽られる。

175,958文字

帝国陸軍大尉、野中博三。39歳。バツイチ子持ち親権なし。今でも20年前の戦争のトラウマを引きずっている。そんな彼のもとに離婚して別れ離れになっていた娘が突然転がり込んできた! それだけでなく差出人不明のラブレターが届いたり、部下のカミングアウトがあったり……!?

少しズレた時間軸の日本を舞台にした人間ドラマ。ざっくりした方向性だけで言えば、いわゆる「勘違い&鈍感ハーレムもの」だけど、主人公の年齢と過去によって「鈍感」の理由が肉付けされていて納得感がある。

というか作者さまの設定では「ラブコメ」なんだけど、個人的にはラブコメと表現するには展開が重すぎる……(笑) 特に、終盤の戦争再開パートに入ってからの流れはラブコメの空気じゃない。だからこそ、青春ラブコメとは違う魅力が出てるんだけども。なおカクヨム版では第0章が加筆されています。

 

臆病なうさぎさん

132,298文字

貴族の娘「マリエール」は侯爵「バロン」に嫁入りするのだが、どうにも対応が冷たい。しかし、その理由は夜になるとウサギになる秘密を彼が隠したがっているからだった! 2人の夫婦関係はどうなっていくのか?

うさぎモードのバロンさまに萌える。想像すると超プリティ。ファンタジーならではの要素を上手く恋愛ものに組み込んでいる。

また、マリエールの感情の変化が良い。秘密を知ってからも最初は義務感と保護者の気分、恋するのは途中から。そりゃー、始めは男としてよりも小動物としての魅力を先に感じちゃいますよね(笑)

書籍版の情報をAmazon.co.jpで見てみる

 

連載中

謙虚、堅実をモットーに生きております!

1,055,355文字

少女マンガの悪役お嬢様に転生してしまった元庶民の主人公。前世の知識をフル活用してトラブル回避を目指す! はたして、ハッピーエンドにたどり着けるのか!?

すごくテンポが良くて読みやすいし、個性豊かなんだけどリアリティがあって親しみやすいキャラクターたちが魅力的。

その中でも、主人公の「吉祥院麗華」がポンコツ可愛い。ストレスで胃が痛くなったり、食べすぎて太ったり。そして、周りが恋愛しまくってるのにトラブル回避を優先しすぎてボッチな麗華さまが泣ける……早く幸せになってほしい。

 

俺んちに来た女騎士と田舎暮らしすることになった件

532,448文字

ある日のこと、全身甲冑のコスプレ姿をした傷だらけの金髪の美人がやってきて……? 逆向きの異世界転移。

作者さまは実際に農業の経験があるらしく、かなりガチの農家ライフが展開されます。美化されたゆるゆる田舎暮らしじゃなく、生活のかかった商品生産。ファンタジー:恋愛:農業=3:3:4、ぐらい。ファンタジーより日本の農業がメインな勢い。

書籍版の情報をAmazon.co.jpで見てみる

 

屋上は今日も閉鎖されている 〜ハーレムを作ろうと言われたら〜

292,400文字

「ハーレムを作ろう!」クラスメイトの女子から言われた、飛んでもないセリフ。非現実的だとは思いながらも、主人公はその提案を受けることに。主人公とメインヒロイン(?)が自分から積極的かつ地味にハーレムを作ろうと動き回る物語。

そして、屋上は封鎖されているし、風紀委員なんて無いし、謎めいた転校生は出てこない。ラブコメで出てくる謎の「学園」ではなく、普通の高校が舞台。家に戻れば当たり前だが親もいる。

ストーリーも設定も、ラブコメのテンプレを理解したうえで突っ込みを入れていて面白い。ラノベだから個性的なキャラクターが出てくるけど、1人1人の人間描写はリアル。作者さまの感性にめっちゃ共感しますわ~。

 

ヒモになりたい俺は、ヤンデレに飼われることにした

119,816文字

大人になっても働きたくないなら、将来有望なヤンデレに監禁されればよくね? だがしかし、主人公「桐谷彰」を愛するヤンデレは複数いた。ヒモになる前に修羅場で死んでしまっては意味がない、主人公はヤンデレたちをコントロールしきれるか!?

ヒロインたち全員が重度のヤンデレ。展開はやや分かりづらい所があるが、1つ1つの場面はキレッキレで大爆笑してしまう。インパクトのあるボケ突っ込みが多すぎる……作者のギャグセンスがすごい。

私は衣笠由羅さんがお気に入りでしょうか……パワーワードを生み出しすぎ。

 

女勇者のお供は僻み系少女 ―詐欺女と最強魔法少女の愉快な冒険―

109,228文字

美しく自信にあふれた「マーニャ」と、口下手で人見知りの最強魔法使い「フニ。2人の様々な時間を切り取るベタ甘の連作百合短編。フニちゃんかわいい。

なお、タイトルとあらすじ詐欺なのは注意。フニちゃんは僻み系じゃないし「私はゴミだ……」が口癖でもない。マーニャはすばらしい知識と観察眼を持ち、ぜんぜん口だけじゃない。

エッセイ

小説ではないけれど「エッセイ」のジャンルにも面白い作品があるので紹介します。

完結

もふもふ日記

338,642文字

アメリカ在住の獣医である筆者さまが出会ってきた動物たちの物語。病院ではなく、プライベートな生き物の記録。

専門家ならではの観察眼もあってすごく面白い。カニ・トカゲなど、いわゆる「かわいい動物」以外もたくさん登場。作者さまは本当に生き物好きですね~。写真付きの話もあり。

 

船乗りのヨメ

283,341文字

タイトル通り、船乗りの人と結婚した女性のエッセイ。船乗りのヨメあるある、さらに作者さま自身も船に乗る仕事をしていたらしく船乗りさんたちのエピソードが色々と出てきて楽しい。

また子供を持つ母親としての苦労話・嬉しかったことなども書かれています。

 

底辺工業高校。そこはある意味異世界だった。

109,826文字

暴力といじめが支配し、教育レベルはドン引きするほど低い。ヤンキー漫画なんて目じゃない底辺高校の思い出をユーモアと憎しみたっぷりに書く。すばらしいギャグセンスがあり笑えるんだけど、内容としては闇そのもの。

 

やっぱり、ファンタジーが好き!

107,993文字

ファンタジー好きの筆者が、ドラゴンなどの定番要素を語ったり「そもそもファンタジーとは?」などと考察したり。ファンタジー好きとしては共感する部分が多く楽しい。

作者さまが言う通り、感想欄にも濃い書き込みが多くて面白いので見てみる価値ありです。

 

医療業界で一番地味な薬剤師エッセイ

98,599文字

50歳を超えた薬剤師が医療業界の今昔、これまでの体験などをつづる。専門性が高い業界なんで内部をのぞけるのは面白い。また、ブラックな内情・失敗談などもあり医療関係者といっても人なんだなぁと思わせてくれます。親近感と警戒感。

 

なろう批判を批判する!

74,146文字

薄っぺらい知識と思い込みだけで「小説家になろう」と「なろうテンプレ」を語るな! ハーレム、異世界転生、チート……なろうテンプレは二次創作の分野で積み重ねられてきた発明なのだ!

古参である筆者が、web小説界隈の歴史と変化を分かりやすく解説。web小説に興味ある人は読んでおくべき良質な資料。私もだいぶ知識が増えて理解が深まりました。

 

フィリピンで現地スタッフを使い、工場を建てる簡単なお仕事です

73,014文字

中堅ゼネコンにつとめていた「南野」さんは、突然のフィリピン勤務を命じられた! 少し昔の海外での悲喜こもごも。軽快で読みやすい文章。

 

性的虐待を受けて育った私の話

52,835文字

父親から長きにわたって性的虐待を受けた実体験。すさまじく重いけど、だからこその価値がある。これだけ苦しいことを書ききった作者さまに敬意を表します。

 

書籍化の打診が来ています -出版までの遠い道のり-

38,873文字

「異世界コンサル株式会社」の作者さまが、出版社の人と打合せをした時の体験記。出版社の人が「小説家になろう」をどう見ているのか? ということが分かって興味深い。

タイトルの割にあっさり短く終わっちゃうのが残念ではある。もう少し長く深く掘り下げてほしかったけど、あんまり書くと怒られるんでしょうねぇ(笑)

 

ゲル化剤を用いた巨大プリン製作についての考察―有限要素法によるバケツプリンの自重崩壊を起こすき裂発生点の同定―

14,363文字

論文形式で巨大プリン制作の様子を書く、という上質で手の込んだユーモア! 分析は割と本格的なのにやってることがバカらしくて面白すぎる。

なお「付録」は内容としては実際の研究日誌であるものの、作者さまと関係者の身バレを防ぐためにフィクション風味にしてあるとのこと。

 

元風俗店員の風俗こぼれ話

11,288文字

男性社員として働いていた筆者さんによる業界裏話。外からだと見えてこない情報が多くて面白いです。

連載中

ゆっくりゆうやけ

451,273文字

中国暮らしの筆者が、中国ネタ・日常の考えなどをつづる。筆者さまの考えがじっくり伝わってくる落ち着いた文章。

 

幻想歴史読本 ~ファンタジーを考える~

262,371文字

冒険者・ゴブリン……RPG風ファンタジーの定番要素を深掘り。歴史の知識も使いつつ、リアリティや性質などを考察する。なかなかに本格的な分析で、設定を気にするタイプの人間としては非常に面白いです。

 

ダンゴムシ魂

205,123文字

色んな生き物を飼ってみた体験談。タイトルと目次を見れば分かる通り、一般的なペットだけでなく虫・爬虫類なども含まれます。う~ん、すごい人だ……

ちょっと閲覧注意かもしれないけど、生物が好きな人にはたまらない内容。

 

うちのかわいいかわいい猫

220,885文字

飼い猫との生活と、家の周りにいる野良ネコたちの観察記。ねこあるある多数。めっちゃ分かります。

 

ウチの子(猫)日記

174,921文字

猫との生活を軽快な文章で。写真付きの話も多数。まぁ、猫エッセイは安定の面白さ。猫って生き物が面白くてかわいい。

 

胖姐看中国

147,447文字

さまざまな文化風習と、筆者さまの実体験の数々。楽しく読みつつ中国についての知識が増えること間違いなし。

 

うちのダンナはぽっちゃり男子

66,932文字

プニプニで家事上手かつ、さびしがりやの夫。小説が趣味で男前と評判の妻(筆者さま)。2人とも50代にしてオタク。ラブラブ夫婦エッセイ。

こてこての関西弁がリズミカル。そして、仲良しっぷりがすごい。娘さんも含めて3人家族の全員がええキャラしてます。筆者さま作のイラストもゆるい雰囲気が上手く描けてて癒される。

 

住所不定職業不詳、それでも働く精神病患者の実録記

65,480文字

双極性感情障害、より一般的な表現だと躁鬱病患者の人のエッセイ。苦労しつつも徐々に無職から派遣、そして正社員へ。筆者さまの生活と人生がダイレクトに伝わってきて心に響く。また、読むとすぐ分かりますが同棲している彼女さまが精神的イケメンすぎる……!

 

今日も楽しくネッコー浴♪

42,452文字

散歩中に出会った野良ネコたちの写真エッセイ。 可愛く撮れてて、猫好きとしては癒されすぎてやばい!

 

セクマイ日記。

4,871文字

ノンセクシュアル」(通称ノンセク)な、他人に恋愛感情を抱くことはあっても恒久的に他人に性的欲求を持つことがない、作者さまが自分や他のセクシュアルマイノリティ(性的少数派)の考えや悩みを書く。

私は異性愛者なので理解できるわけじゃないんですが、やはりセクシュアルマイノリティの方々は苦労がある様子。

面白い、という表現は失礼かもしれませんが面白い。読めばきっと価値観が広がりますよ。

Arcadia

幼女戦記Tuez-les tous, Dieu reconnaitra les siens

長編、完結済み。戦い中心。

ブラック企業で働いていたサラリーマンが異世界に転生。第二次世界大戦的な状況の中で大活躍する……幼女の外見で。見た目と内容のギャップがやばい。

自己保身のために行動しているはずが、周りから見えれば戦闘狂の愛国者!? いわゆる勘違い系の要素もあってちょっと人を選ぶかも。

ただし、センスある厨二っぽさと悪化していく末期戦が面白い。主人公たちの国は、ドイツみたいな立ち位置。アニメ化までされた話題作。

書籍版の情報をAmazon.co.jpで見てみる

 

Arcadiaは昔ほどではないですが、今でも現役の小説投稿サイト。ここにも面白い作品があったりしますよ~。また2次創作もOKなので、そっちに興味がある人は行ってみるといいかも。

個人サイト

影を往く人 長編、完結済み

スプラッターライトノベル。殺人鬼高校生の戦いと苦悩。

殺人鬼探偵 長編、完結済み

不条理スプラッター・ハードボイルドアクション。独特なノリで猛烈に人が死んで死にまくる物語。

小説

この2つは両方とも「狂気太郎」という人のもの。かなりグロいし人が死にまくりますが、癖になる世界観で固定ファンがいます。

今では珍しくなった個人運営の小説webサイトをやっていて、↑の長編2つ以外にも短編中編を含めて多くの作品を読むことが可能。ただし、閲覧注意。本当にグロくて怖いので。

 

ダンジョンのエレベーターボーイ

中編、完結済み

地下のダンジョンへ冒険者を送迎することが仕事の、エレベーター操縦者が主人公。中世ではなく産業革命以降の近代ファンタジーと言うべき世界観。設定にセンスを感じます。

個人的にはもうちょい直接的なダンジョン関係者に話をしぼってる方が好みだけど、こういうのもリアリティがあって良い。ダンジョンに潜るもの、潜らないもの。それぞれの立場と考え方の違い。

このサイトには他にも小説が上げられているので趣味が合えばぜひどうぞ。

 

ニトロの悲劇

長編、連載中

SFラブコメディ(?)。有能だけど自己中心的かつ超わがままで有名な「ティディア姫」、そして彼女に呼び出された一般人の青年「ニトロ・ポルカト」。2人が巻き起こす騒ぎと事件!

ニトロ君の突っ込みが冴えわたる。言葉だけじゃなく、直接的な打撃も辞さない! わがまま姫に振り回される男、というのは1つのテンプレだけど、ニトロ君の突っ込みの鋭さが個性になっている。姫は問答無用の自己中心さなので、それ系が苦手な人は合わないかしれませんが……

世界観も上手く作られていて読んでいて違和感がない。自然な形で出てくるA.Iや小道具も良い味してます。

とりあえず、第1章「ニトロの悲劇」は読みやすい分量で上手くまとまっているのでぜひどうぞ。ストーリー展開の完成度がすごく高いです。

 

最近はweb連載からの単行本になる作品も多いですねぇ。多すぎて、本になったからと言って自分の好みに合うとは限りませんけど。逆に、本になってない面白い作品もたくさんありますし

 

異世界系はこちら

おすすめの異世界転移・転生ファンタジー作品! ~小説家になろう&カクヨム~
大人気ジャンル! 同じパターンに見えて、実際の内容は多種多様! この記事では転移・転生要素がある作品のみをピックアップ。また、世界観とストーリーの内容を点数で表現してみました。5に近いほどテンプレな感じ。 テンプレじゃない 1~...

カクヨムにも面白い作品がたくさんありますよ!(一部重複) ぜひぜひチェックしてみてください。

【随時追加中】カクヨムのおすすめ作品100以上をジャンル別で! 
なんだか「小説家になろう」と比べて低く見られがち? でも、探してみれば面白い作品はたくさん! 役立つ記事になってる自信はあります。新しい良作と出会えるでしょう。