カクヨム、おすすめ完結作品ベスト20! (2018年9月版)

なんだか「小説家になろう」と比べて低く見られがち? でも、探してみれば面白い作品はたくさん! 完結してるから安心して読める!

カクヨムだけでも200作以上を読んできたweb小説大好き人間である私「イマ猫」が、自信をもって超おすすめできる作品のみを選びました!

タイトルをクリックで本編に移動できます。

異世界ファンタジー

異世界取材記 ~ライトノベルができるまで~

219,061文字

主人公はライトノベル作家! 取材のためなら異世界を冒険し、ログアウト不可のVRMMOにも飛び込んでいく。

「テンプレweb小説」ライトノベル、とでも言うべき? 小説家になろうで発展したテンプレを新しい視点からネタにしている。すばらしい発想でめちゃ面白いです。

作者さまは新人賞からデビューし、単行本も多く出している本業のライトノベル作家。だからこそ、主人公の言動に強いリアリティが感じられる。

web連載でたまたま1発ホームランを打っただけの一般人ではなく、売れる人気作を目指してプロットを考え続ける「作家」だからこそ書ける雰囲気。

web小説を読みなれて「なろうテンプレ」を理解してないとちょっと楽しめないかもしれないけど……逆に、異世界転生ものが好きな人にはすごくオススメ。

 

R.E.C

149,509文字

水晶球に映した景色を保存できる、撮像記録(ヴィジョナリー)という技術が誕生した時代。主人公たちは大自然の中の生物たちを撮影するヴィズ・ハンター。さまざまな危険と困難を乗り越えつつ、最高の映像を追い求める!

発想がとてもいい! 登場するオリジナルの野生動物は個性的ながらもリアリティがあるし、撮影をテーマにしているだけあって風景描写も美しい。また全体を通してアメリカンな雰囲気の文章が魅力的でギャグも面白い。

 

アイオライトの心臓

250,379文字

忌まわしい呪いの印とともに少年「ロクド」は生まれた。村から旅立つことを強制された少年の出会いと成長。そして、世界の過去の秘密。

なかなかに本格的で良質なファンタジー。魔術に関わる1つ1つの物や動作の描写が細かく、脳内にイメージが浮かびます。無駄のない進行で長すぎず読みやすい。死人も出て重い展開だが、だからこその迫力と読後感。

本編のあとの日常パートがグッと来ますねぇ。この順番だからこその重みと良さがある。

現代ファンタジー

おにぎりスタッバー

141,527文字

男を食ってると噂の女子高生と魔法少女。変な奴らが戦ったり普通に生活したり。色々と明らかになりまくる意外な事実。

リズムが良く女子高生っぽい語り口がとても面白い。やや読みにくく人を選ぶかもしれませんが、すばらしき個性。

伝奇

帝都つくもがたり

100,691文字

昭和初期の東京。酒浸りで怖がりの小説家「大久保」とネタに貪欲な記者「関」の2人は怪談を集めるため、あちこちを奔走する。真夜中の恐怖ではない、夕暮れ時の怪奇連作短編。

レトロを意識した文体がとても軽妙で完成度が高い。恐さは控えめで、苦手な人でも読めるでしょう。メイン2人は癖がありながらも人間味があり、なんとも親近感がわく。

 

コンビニで夜勤バイトを始めまして。

316,777文字

時給に釣られ25歳フリーター「袴田」が働き始めたのは、自殺の名所のど真ん中に建つ、いわく付きのコンビニだった。実際に次々と怨霊たちが現れ……

本格ホラー。筆力が高く、かなり迫力がある。また、単なる恐怖体験だけでなく自殺・後悔などを軸とした人間ドラマもずっしり重くて引き込まれる。謎の怪異現象というより、死者と生者の物語。

恋愛

私の教授がエロラノベ作家なので卒業しちゃってイイですか?

225,034文字

卒業論文の相談をしにきた、主人公の「エリカ」は驚きの事実に遭遇! なんとイケメン大学教授(42歳)はエロラノベ作家だった。秘密を知ることで意識するようになってしまって……? そして研究に対する要求水準がすごく高い!? 卒論執筆ラブコメコメディ

だいたい、恋愛:卒論研究=50:50ぐらい。経過がとても本格的で面白い。執筆が進んでいくのは応援しちゃうし、発表シーンも臨場感あります。恋愛シーンは控えめだけど、心理描写が丁寧。教授が実に魅力的なキャラクターで、エリカさんが惚れるのも超分かりますね~。エロ作家モードの天然さと、教授モードの冷静かつ頼りになる有能さの2面性がステキ。

SF系

汎銀河企業体 メロンスター.Inc

113,051文字

宇宙系社畜物語。ブラックを超えた「ダークマター企業」で働く主人公のつらい日常。怒涛の勢いで飛び出してくるブラックジョークがたまらないSFコメディ。

SFであり、ストーリー的にもいわゆる「ラノベ」ではありません。これ系のジャンルに慣れてない人にはもしかすると読みにくいかもしれませんが……食わず嫌いをせずにぜひ試し読みして欲しい作品。

 

星を見上げて ~双子惑星の渚~

129,453文字

宇宙のどこかにある、双子の惑星。望遠鏡を使えば相手の星の生活が見えるぐらいの近距離。それぞれ似たような生物が生息し、似たような人類が似たような文明を発展させているようだった。

ある日、望遠鏡で眺めていた少年スレツは、同じく望遠鏡でこちらを眺めている少女と目が合う。〝あの子と会って話してみたい〟 しかし、まだ空を飛べない時代……少年は果たして夢を叶えることができるのか? 発明家たちの挑戦の結果は?

頭上を通り過ぎていく巨大な星、望遠鏡を使えば相手が見える……ものすごくロマンチックな世界観! 想像するとたまらない! ストーリーも発明の面白さ、好奇心、前向きな気持ちなどが強く書かれていて心動かされます。

 

銀河縦断ふたりぼっち

222,319文字

記憶を失い人間に擬態していた宇宙種族の侵略兵器。そして、彼女と一緒に仲良く活動していた人間の少女「遥」。ある日、地球は破壊され2人は逃げ延びる。人類最後の生き残りとなった遥が目指すは、銀河中心に座する超巨大ブラックホール。その特異点を潜り、滅びの歴史を改変するために。2人のはるかなる戦いと旅が始まる。

あっさりと地球は破壊され、巨大ロボが亜光速で格闘したと思えば、もふもふの宇宙人と遭遇し、人工太陽と宇宙樹にめぐり合い、金属生命体の防御網を突破する。これぞSF!な大スケールかつ美しいシーンがたくさん。

各種の設定も非常にそれっぽく、作者さまの確かな知識とこだわりを感じて好印象。ある意味では自己同一性が崩壊しまくってるストーリー展開も実にSFですばらしい。

 

ライジング・ノベライザー

191,250文字文字

ホログラフィによる投影現実の高度な発達によって生まれたeスポーツ「Nove(R)ize」。対面した状態で小説を書きあげ、それを相互に読ませ合う事で完成度の高さを競う! 1人1人違うタイピングスタイル、そして筆者の意識が巨大なアバターなり激しく衝突するのが魅力。そして今、1人の少年が己の才能を開花させていく。

ホビーアニメ風×SF×小説執筆の新境地! 小説を書いているだけのはずがド派手なエフェクト! カオスといえばカオスなのだが、文章力があり納得してしまう(笑)。そして主人公を中心にキャラクターたちが良い感じに濃い。

さらに次々と繰り出される小説がすべて面白そうであり、作者さまのネタの豊富さに驚愕するしかない。

 

滋賀県民の野望withPK

92,260文字

同じ関西の京都と大阪から田舎者と馬鹿にされがちなマイナー県、滋賀県。だが、そんな滋賀県には湖として日本一の大きさを誇る琵琶湖がある! これをさらに拡大してしまえ! 今、1つの計画が美少女Vtuberにして滋賀県知事「ホタル・コウヨウ」と琵琶湖ラブな県民たちによって動き出す。

関西人なら爆笑確実、徹底してバカバカしい発想がたまらない! ギャグセンス爆裂! そして、1発ネタで終わらず中盤からさらに加速していく怒涛のストーリー展開もすばらしい。琵琶湖の中にある水中都市群などSF的で絵になる美しいシーンも多数。

 

ルナティック・ハイ

219,526文字

アポロ計画によって発見された超古代遺跡の探査基地が、月面帝国を名乗り地球に対して宣戦布告。そこから20年後、ようやく結ばれようとしていた終戦協定は、過激派月人グループによるテロリズムによって打ち砕かれた。降下してくる超古代発掘兵器、迎え撃つは地球の量産型ロボ。

良質ロボットアニメな世界観。地球の自転をエネルギーにするという設定ゆえに、戦いは地上戦。熱い戦闘シーン、甘酸っぱいヒロインとの関係、絡み合う各組織の思惑……それぞれの要素が上手くまとまっている。

現代ドラマ

彼女が好きなものはホモであって僕ではない

151,830文字

同性愛者の少年と腐女子の少女が織りなす奇妙な関係。自分の秘密を打ち明けるべきか少年は苦しみの日々を送り……軽い印象のタイトルに反し、同性愛について本格的に書いている力作。

日本社会で生きる同性愛者の思考・悩みが生々しく描かれていて非常に重いリアリティがある。私自身、まだまだ同性愛者の方々について無理解だと気づかされました。

しかし、簡単に言えば「面白い話」なわけですが、この作品が「面白い」とか「珍しい」と評価されてる時点で良い社会じゃない気がしますよね。日本で同性愛が普通に認められ受け入れられていれば、こんな物語はそもそも起きないはずだし。

またテーマ性だけでなく筆力があって純粋に小説としてもレベルが高い。話の流れ・それぞれのキャラクターの行動・会話、ぐいぐい読み進めてしまいます。BL女子を組み込んできたのも若いセンスで良い。

 

その色の帽子を取れ

143,231文字

2019年。加速するサイバー犯罪に対抗できる人材が求められている世界。サイバーセキュリティ製品をあつかう主人公「ショウ」は、かつて同僚だった「サク」を探していた。ようやく再会したものの彼は犯罪者になっていて、さらに東京で大規模なサイバーテロが発生し……!?

SFではなく既存技術を題材としたハッカーたちの物語。作者さまは現役のIT関係者であり、内容が本格的で厚みがあります。その分だけ細かいので、まったく知識が無い人はやや読みにくいかもしれませんが……説明が上手いから気にならないのでは。

ストーリも序盤から緊迫感があり読み進めちゃいますね。あとタイトルが見事。IT関係の言葉を使って内容を適切に表しつつ、詩的な雰囲気も感じられる。

 

右カウンター赤道より

109,687文字

インドネシアの首都ジャカルタで形だけのボクシングジムを経営する中年ボクサー「ロニー」のところへ、日本で売り出し中の実力者「薮田」から試合の依頼が飛び込んでくる。過去の挫折から日本を飛び出しロニーのジムに居候していた「アキラ」は勝ち目がないと言うのだが……

豊富な知識を元に描写されるボクシング周りのシーンは迫力満点。そして、つながっていく人間の縁・変化していく心境・明かされる過去など、人間ドラマとしても非常に熱く質がいい。

主人公が直接試合に出るロニーではなく、そのサポート役に周るアキラなのが話をより深く広くしていて上手い構成じゃないかと。あと、タイトルもいいですよね。

 

PJ:アフリカ

130,628文字

広告代理店の新入社員である「松山」は失敗続きのプロジェクトの担当となり、クライアントから不可能に思える要求を突きつけられる。口だけの無能上司、重なるトラブル……翌日の再プレゼンを何とか形にしようと彼は東京を走り周る。辛く苦しい緊迫の24時間。

非常に文章力があり、重い空気がありありと伝わってくる。現実的すぎて読んでて辛い(笑) 崩壊していくプロジェクトと主人公の精神……引き込まれますね。そんな中で最後に主人公は何を思うのか。終わり方にも余韻があってすばらしいです。

 

飢と渇

72,973文字

中卒で飢え死の恐怖がトラウマである「堂徳」、偏差値の高い大学の生徒だが親に見捨てられ承認欲求に渇いている「清倫」。怪しい仕事で儲けていた2人が出会った時、ビジネスの規模は拡大していく。そして……?

バイトである「正田」も含めて、中心の3人がとても良いキャラ立ち。詐欺まがいの仕組みでカモにされてしまう者、そして道徳に反すると分かっていても金儲けに走る者……人間心理の分析がリアル。

あとネットの世界を書いたものだからか、web小説の書き方がすごく雰囲気に合っている。この内容だと紙よりweb上で読んだ方が迫力と臨場感がありそう。

 

ジャンピング・ジャック・ガール

114,984文字

女子高生「川原鮎」は早朝の通学路でマンションから人が転落するのを目撃してしまう。転落したのは同じ高校の生徒。彼の携帯電話には『ジャンピング・ジャック』を名乗る人物からの謎めいたメールが届いていた。そして事件の謎に迫るうち、他にも4人の高校生が同じような転落死していることを突き止めるのだが……

本格青春ミステリー。やはり、この作品の本領発揮は8章の謎解きパートでは。非常に緊張感があり、肌がピリピリしてくる素晴らしい展開だと思います。

完結済みの長編エッセイ

モノクローム・サイダー

111,296文字

高校最後の夏を迎えたゲーマー男子は、学校の屋上で1人の少女と出会う。彼女も携帯ゲームが好きな様子で……? 後に結婚する2人の甘酸っぱい出会いを振り返る小説風の実体験エッセイ。

読んでいると幸せラブラブなオーラがやばい。ここまで幸福感があふれだしてる作品はめったに無いのでは。

ゲームをきっかけに美少女と恋人になる、というのがまずゲーマーにとっての夢の展開。しかし、それよりすごいのが結婚して15年も経ってるのに、奥様への愛と恋心が変わっていないこと。

出会った少女がどれだけ魅力的なのか繰り返し説明されるんだけど、その少女は現在の奥様のわけでしょ? つまり壮大なノロケ。幸せな結婚生活を送ってこられたんでしょうなぁ、すばらしい。

 

お米の神様?

101,526文字

東北の山形県、その昭和の時代。3世代6人の家族史と、筆者さまが食べた思い出の料理の数々。おいしそうで珍しい料理がたくさん登場。家族の物語としても引き込まれ、まるで話し声が聞こえてくるかのようです。

個人的には、お母さま周りの話が泣けてしょうがない……現在では筆者さまと打ち解けていらっしゃるようで何より。こういう家族の中での孤独ってのはじわじわと精神に来ますからねぇ。

 

これがなろう勝利の理由!

95,833文字

薄っぺらい知識と思い込みだけで「小説家になろう」と「なろうテンプレ」を語るな! ハーレム、異世界転生、チート……なろうテンプレは二次創作の分野で積み重ねられてきた発明なのだ!

古参である筆者が、web小説界隈の歴史と変化を分かりやすく解説。web小説に興味ある人は読んでおくべき良質な資料。私もだいぶ知識が増えて理解が深まりました

 

さて、おすすめ完結作品ベスト20はいかがだったでしょうか。ほんとカクヨムにも面白い物語はたくさんありますねぇ