エンタメ系webサイトのアクセス数ランキング!

twitter、youtube、pixiv、小説家になろう、はてなブログなどなど……利用者が多いのはどこなのか?

というわけで、今回は「エンタメ系webサイトのアクセス数ランキング」をお送りします。ニュースサイトなどは対象に含めず、SNS・動画サイト・ブログサービスなどの娯楽目的のwebサイトから私が選んだところを比較します。

分析に使ったのはSimilarWebというサイト。URLを入れると、そのサイトの月間アクセス数などを表示してくれる超便利サービスです。調査日は2018年3月26日。

ただし、ここで出てくるデータは実際の数字と結構ズレてたりするんですよね。なので月間アクセス数そのものではなく、どちらの方が多いのかというランキングとしてお楽しみください。相対的な順位についてはほぼ正しいと思いますので。

あと基準は不明ですが「グローバルランク」という数字も教えてくれるので、こちらも併記します。




エンタメ系webサイトのアクセス数ランキング

20位 TINAMI(http://www.tinami.com/)

月間アクセス 61万

グローバルランク 104,123

19位 カクヨム(https://kakuyomu.jp/)

575万

11,964

18位 エブリスタ(https://estar.jp/)

775万

5,862

17位 したらば掲示板群(https://jbbs.shitaraba.net)

1370万

不明

16位 ニコニコ静画(seiga.nicovideo.jp)

2960万

不明

15位 はてなブログ(http://hatenablog.com/)

9340万

937

14位 小説家になろう(syosetu.com)

1億3500万

326

13位 5ちゃんねる(5ch.net)=旧2ちゃんねる

1億4500万

387

12位 pixiv(pixiv.net)

2億2650万

142

11位 アメーバブログ(ameblo.jp)

2億4650万

216

10位 fc2ブログ(blog.fc2.com)

2億5600万

不明

9位 ニコニコ動画(nicovideo.jp)

2億9150万

157

8位 ライブドアブログ(blog.livedoor.jp)

3億3600万

不明

7位 楽天市場(https://www.rakuten.co.jp/)

3億7200万

111

6位 amazon.com

23億3800万

20

5位 instagram

26億300万

13

4位 twitter

40億4800万

10

3位 wikipedia

60億900万

11

2位 youtube

234億4500万

3

1位 facebook

277億5000万

2

というわけで、アクセス数ランキングでした! 当たり前ですがyoutubeとfacebook強すぎぃ。youtubeはニコニコ動画の100倍かぁ。この20個の割合を円グラフにするとこんな感じ。

youtubeとfacebook強すぎぃ!

ピックアップ

ここからは↑の中から私が気になったテーマ別にピックアップ

日本産ベスト5

日本人だけでなく世界中の人が使う海外サービスが強いのは当たり前。日本のサービスに限定すると?

楽天市場 3億7200万

ライブドアブログ 3億3600万

ニコニコ動画 2億9150万

アメーバブログ 2億4650万

pixiv 2億2650万

今回ランキングした中では楽天市場がトップ! 幅広い年齢層が使うからかニコニコ動画よりも上なんですねぇ。

小説家になろうの立ち位置は?

この記事を作るきっかけが「小説家になろうって、ネット娯楽全体ではどれぐらいの位置なんだろ?」ってことでした。日本の若者が使うエンタメサイトは色々とありますが……

ライブドアブログ 3億3600万

ニコニコ動画 2億9150万

pixiv 2億2650万

5ちゃんねる 1億4500万

小説家になろう 1億3500万

カクヨム 575万

う~ん、なるほど。やはりニコニコ動画とかpixivに比べると利用者は少ないようですね。ネット小説は動画・イラストよりもマイナーな趣味と言えそう。あとカクヨムと小説家になろうの差はめっちゃありますね……

ついでにブログ系のサービスが思ったより強い。web上でブログを読む・書くというのは意外と人気のようです。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする