『空飛ぶ魔女の航空会社』 ~驚きの表現法と美しき物語~

作者さま: 天見ひつじ
キーワード:飛行機 お仕事もの 旅 近代 少女 おじさん バディ 魔法

あらすじ
かつて『冬枯れの魔女』として畏れられた少女「フェル・ヴェルヌ」と、ベテラン操縦士「ユベール=ラ・トゥール」。2人は飛行機に乗って各地を巡りさまざまな人々に出会う。少女の過去とは? 世界はどうなるのか?
第二次世界大戦時のヨーロッパ的な国々を舞台に展開される近代ファンタジー。始まってしまった大規模な戦争と、そんな状況でも続く人々の生活。

感想
初めてこの作品を読んだときに私は衝撃を受けたんですよね。「その発想はなかった! この作者天才だろ……!」と。
面白い作品には色々と出会うものだけど、「この作者天才!」と驚くことはめったにあるもんじゃない。その数少ない1つがこれ。
何が衝撃だったかというとヒロインである「フェル」の描き方。彼女は母国語であるルーシャ語と、後から習得した共通語の2言語をしゃべり、なおかつ言語によって口調が違う!

見てもらった方が分かりやすいのでのでフェルとユベールの会話を1-3から引用すると、

『わざわざ解かなくてもよいのではないでしょうか?』
『それでは貴方の練習になりません』
フェルに合わせて彼女の母国語で返してやると、彼女は突然噴き出した。
『ふふっ……ユベールの喋り方、おもしろいですね』
「……習ったのはずいぶん昔だ。ぎこちないのは仕方ないだろ」
「拗ねてるのか?」
「拗ねてない」
「それを拗ねてるって言うんだ」
ユベールの口真似で得意気に言い放ったフェルの額を、デコピンで弾いてやった。
『いっ……痛いです! 八つ当たりなど、恥ずかしくないのですか!』
「悔しかったら、俺と口喧嘩できるくらい共通語を上手くなるんだな」
「……っ、ちくしょうめ」
「待て、そんな捨て台詞をどこで憶えた」
「メニーベリー基地の兵士が使っていた」
「……あー、なんだ。汚い言葉だから、あんまり使うんじゃないぞ」
「では、どれが正しい?」
「改めて聞かれると答えづらいな。そうだな、憶えていろ、とかになるのか……?」
「では……憶えていろ」
「そう。いや、違う……ううん、まあ、いいか。とりあえず降りろ。飯にするぞ」
「了解した」

『』がルーシャ語、「」が共通語ですね。どうでしょう、めちゃくちゃいいと思いません?

フェルはルーシャ帝国のお姫様であり、もともとは高貴かつ丁寧な言葉でしゃべる少女。しかし、習った共通語は固いものであり男っぽい。
つまり1人のヒロインが『おしとやかな姫様』と「男口調のクール系少女」という2つの性質を合わせ持っている! 

2つの言語を使いわけることで、1人のキャラクターに複数の性質を持たせる……これは天才の発想ですよ! すばらしいアイディア! 少なくとも私は他の小説でこの表現技法を見たことがありません。
おしとやかで高貴、男口調でクール。両方とも私の好きなタイプ。それを併せ持つとは……フェルさん素敵!
表面的にはクールに見えても、心の中では『こういう時はなんて言うべきだったでしょうか……?』とか一生懸命に考えてたりするに違いない! かわいい!

もちろん、萌え要素だけの話ではありません。この作品においては2つの言葉は、ルーシャ帝国の姫にして冬枯れの魔女『フェルリーヤ・ヴェールニェーバ』と、見習い航法士「フェル・ヴェルヌ」という、少女の2つの立場をそのまま表現している。
高貴な出自と悲劇、逃げた先で見つけた新しい生き方。フェルというキャラクターの人生が言葉によって明確になっている。上手いですねぇ。

そしてもちろん、フェルさん以外にも作品の魅力はたくさん。
まず、飛行機で仕事をしながら各国をめぐる、という基本コンセプトが良い。出てくる国と風景が現実をベースにしながらも個性豊かで美しい。
作者である「天見ひつじ」さまは別作品『深煎りの魔女とカフェ・アルトの客人たち ロンドンに薫る珈琲の秘密』で書籍デビューされてまして、確かに文章力がある。映画を見ているように頭の中にイメージが広がります。飛行機の上から遺跡を探すとかやってみたいですよな~。
お仕事もの・旅もの、2つとも好きなジャンルなんでかなりツボ。飛行機もプロペラ機ってすげーかっこいいしロマン。作者さまは飛行機好きらしいんだけど、同意しまくり。

次に、ストーリーの方向性も好み。舞台設定的には世界大戦中らしいんだけども、メインの2人は戦争には参加しないんですよね。それを横目で見つつ別の場所で仕事をしてる。これがすごい好き。
ライトノベル(というか若年層向け)で戦争の時代を書こうとすると、どうしても主人公が戦って勝つ話になりがち。でも、戦争が起きててもそれ以外の人々の暮らしだって続いてるはず。「敵を殺せ! 悪を倒せ!」なんて盛り上がってるのは一部の人間だけじゃないかと。
そんな狂気と熱気に侵されず、淡々と自分たちの人生を貫く。もしくはそこに商機を見つけて強かに仕事をする。この雰囲気は良いですよ。

まぁ、物語自体の主軸にはどうしても「世界大戦と冬枯れの魔女フェルリーヤ・ヴェールニェーバ」がある。でも、「天見ひつじ」さまのツイッターを拝見した分には作品としてのメインテーマは「フェル・ヴェルヌと、ユベール=ラ・トゥールの飛行機お仕事もの」っぽい。この方向性には共感しちゃいます。

あとは書き方も好き。小説家になろうの作品は日間連載が主流。更新が速いのは嬉しいけど、1話ごとに書いていくので通して読むとぶつ切りバラバラな感じの作品が多かったり。
その点、この「空飛ぶ魔女の航空会社」は1章まるごと書いてからアップロードする方式。だから話のつながりが良い。それぞれの章が短編としてまとまっている。個人的にはこっちの方が好み。

 

2つの言葉で描き分けるフェルさんの天才的アイディア。飛行機+お仕事もの+旅、というコンセプト。戦争を横目で見る方向性。短編としてまとまった書き方。何かと私の好みに刺さる!
これからも楽しませていただけそうで、とてもありがたい作品です。

 

状態:連載
文字数:202,009文字

個人的高評価ポイント
◇ アイディアが良い!
◎ 高い完成度!
☆ 私の特に好きな作品です!

作品URL
https://ncode.syosetu.com/n5806di/

 

異世界ファンタジーの目次ページに移動