同人誌におけるオークの繁殖方法について無駄に考えてみた!

他種族のメスがいないと繁殖できないって、どういう状況? むしろ、あいつらってメスだけなんじゃね? ウィルス的な可能性も?

というわけで、今回は「同人誌におけるオークの繁殖方法」について無駄に考えてみますよ!

オスだけの種族 繁殖には他種族のメスを……

日本の同人誌におけるオークの活躍といえば、エロースな方面ですよね! オークなのに人間の女にチョメチョメしてしまうのが定番。

美人の女騎士がオークに負けて「くっ、殺せ!」なんて言うけど、普通にやられちゃうというのはお約束の展開。

デカくて野蛮なモンスターに美しい女性がチョメチョメされてしまう……なんというか、男としてはグッとくるシチュエーションですよね! 一定の人気があるのも分かります。女性の方には分からないでしょうが、こういうのも男のロマンではある(笑)

しかし、こういうのってリアリティ的には謎。異種族のメスに興奮するのかっていう(笑) 人間が熊とかに興奮するみたいなものなので。いや、もしかすると興奮しちゃう人もいるのかもしれませんが間違いなく超少数派。普通にオークの同士でやればいいのでは?

ちなみに、現代オークの元ネタである「指輪物語」の世界にはメスのオークもいるそうですよ。物語の中には直接出てきませんが、作者のトールキンさんによればちゃんとメスもいるとのこと。

話を同人誌に戻すと、少し世界観を掘り下げている作品では「オークはオスしかいない種族であり、繁殖には他種族のメスが必要なのである!」という設定になっていることもあります。

特殊な繁殖方法の種族でありオークのメスは存在しない。だから人間とチョメチョメしたがるのも当然、ってわけです。

それでも、やっぱり謎。繁殖に他種族のメスが絶対必要って、そんな生物ありえるのか? いや、もちろん、男向けの同人誌のリアリティに突っ込んでも意味がないのは分かってますよ(笑) だけど、無駄に色々と考えてみるのも楽しいもの。

というわけで、ここから先は「オークはオスしかいない種族であり、繁殖には他種族のメスが必要なのである!」という設定について、さらに考察していきます~。

他種族の体を使う生き物は、実在する!

他種族の体を使わないと繁殖できない生き物……そんなのいると思います? 実は、意外といます!

私も「いないんじゃね?」と思ってましたが、改めて考えてみたら普通にいました(笑)

例えば、オオシロフクモバチという蜂の仲間は、クモを麻痺させて巣穴に運び、その体に卵を産み付けます。生まれた幼虫はクモの体を食べながら成長するというシステム。

他の生き物に卵を産み付ける……これまた同人誌でお馴染みのパターンですね(笑) しかし、現実にそういう繁殖方法の虫はいるってこと。

ということは、オークが人間の体を利用するのも意外とあり得るのかも?

そうなると、オークってメスなのでは……?

しかし! この説では1つ大きな問題点があります。

他の生き物に卵を産み付ける=卵を産むのはメス=オークはメス

そう、この説で行くとオークはむしろメスってことになってしまう!

オークが卵を産む! これは衝撃的。オークが人間の胎内に卵を産み付けているんだとすれば意外とリアリティが出てくるけど、そうなるとオスよりメスに近くなるんですね。

う~ん、あの姿でメスかぁ。オークが姫騎士を襲うってのも、濃密な百合になってしまう……?

これはちょっと問題ですよ! 女性にとっては最初から最後までどうでもいいんでしょうが、男にとしては気になるポイント!

他のアイディアはないのでしょうか?

ウィルスたちも他者を利用している

というわけで、もう少し考えてみると「ウィルス」という存在がいるじゃないですか。これなら問題が解決できる!

ウィルスたちも自分たちだけでは増殖できません。他の生き物の細胞分裂システムに侵入して改造、代わりに自分たちのコピーを作らせることで増えていきます。

これをオークに当てはめればいい。つまり、オークたちの白いあれは普通の生き物の生殖細胞というよりウィルスに近い性質を持っているのでは。

他の生き物の卵子に侵入して、それを改造。代わりにオークを誕生させる能力を持っている!

これだと同人誌のイメージはそのままでしょう。女性側の卵子も必要ですし。

まぁ、この場合でもちょっと「オス」とは言いにくいけど……そもそも性別という概念が無意味になるで。まぁ、それでもオークが卵を産まないのでメスではない(笑)

オークって現実の生物に例えるとウィルスに近いんですねぇ。

意外と、あり得なくもない?

というわけで、「同人誌におけるオークの繁殖方法」「オークはオスしかいない種族であり、繁殖には他種族のメスが必要なのである!」という設定について考察してきました。

結論としては、現実世界にも他者の体を使わないと繁殖できないやつらってのは存在するので、まったく完全にリアリティがない設定というわけでもないってことでしょうか。

やはり無駄に色々と考えてみるのも楽しいですね! みなさんも、今後は「オークの白いあれはウィルス的なもの」だと思っていただければ(笑)

 

他にも色々と考えてみてたり!

人型巨大ロボット兵器のリアリティについて考察してみる!
宇宙で戦うのに、なんで足がついてるの? 2本足ってバランス悪くない? などなど……突っ込み所は多くあります。しかし、人型兵器ってのはロマンなんですよ! というわけで、今回のテーマは「人型巨大ロボット兵器のリアリティ」。一番有名なのはガ...